実質的な効果はない?

サプリの効果は期待できない?

どうにかしてむくみを治すためにサプリを服用した人もいるのではないでしょうか?

 

現在ではドラックストアーのサプリメントコーナーには様々な商品が並んでいます。

 

 

内閣府消費委員会が2012年に実施した調査によると、消費者の約6割が何らかの健康食品であるサプリを利用していることがわかっています。

 

特に、20〜30代の女性は、美容やダイエット、健康に関しては敏感のために、3割が毎日何らかのサプリを利用しているとのこと。

 

体のことを考えるのなら、服用することは正しい選択かもしれませんが、むくみを治すためにサプリを服用し、実際問題として効果は出たのでしょうか?

 

サプリを服用する理由としては、効果/効能で、悩んでいる部分を解消させること。

 

 

アメリカの「ナチュラルメディシン」というデータベースによると、むくみを解消するために、サプリを服用しても、解消するかどうかは不明とのこと。

 

ドラックストアーで販売されているサプリを見ると、配合されている栄養分もバラバラで、むくみに対して確実に効くような食品の成分はないといわれています。

 

しかし、実際にサプリを服用し、むくみが治ったという人もいます。
が、これは、科学的な根拠がなく、使う人が聞くと思って利用さうれば、心理的にプラスに働いて、実際に効果があるわれることがあるそうです。

 

軽いむくみなら、普段の水分量や、食事の塩分を意識して改善することが重要で、寝る前にマッサージなどをしっかりと行なえば、ある程度の効果が期待できるかと思います。

 

長期間にわたりむくみが起こる場合は、専用の薬などを利用し、早期に改善を図ることが大事。
むくみも、初期症状の一つで、そのままにしておくと、大きな病気になる可能性があるので、早めのケアが重要になります。