効果が下がり、副作用が起こるケースも

アルコールで薬をのむのは注意

むくみの薬「ラシックス、」などを服用するときに心がけたいのが、水か白湯で服用すること。
これは、薬を胃や腸に流し込む作用があり、なおかつ、薬にたいしてコーティングの作用を高めることにも期待できるために、水・白湯で服用することが望ましくなります。

 

逆に危険な服用としては薬をアルコールで流しこむことです。
アルコールと薬を一緒に体内に窮すると、肝臓はアルコールを優先的に分解しようとする、その分役の分解が遅くなり、血中に吸収される量が増えるので、薬の成分が強くなり、作用してしまう。

 

薬の作用が複雑に変化して狙ったような効果が得られるといわれる。
せっかくむくみを治すために薬を服用しているのに、アルコールと一緒に服用すると、改善せずに、他の副作用が起こるといわれているために、十分に注意をしておかなくてはいけない。

 

 

アルコールは、どうしても中枢神経に及ぼす作用、肝臓の機能を強め、やがて低下させる作用などが影響、薬の効果を高めたり、低くしたりするだけでん買う、深刻な副作用を起こすことがわかっています。

 

絶対に酒で薬を飲んではいけないし、薬が酒に悪影響をおよぼすこともわかっているために注意。

 

 

もし、酒を飲んだ後に薬を服用する場合、最低でも1時間ほど開けてから服用するようにしましょう。